歯を白く、ホワイトニングの話

ホワイトニング

一言に“歯を白くしたい”といっても、どのような原因で歯の色が濃く見えるのかによって処置の内容が違います。 どのくらい白くしたいのか?どのくらいの期間で白くしたいのか?など、最初はまずお話と歯のチェックから始めましょう。
歯のチェックをすることで、どのくらい白くできるか、またかかる期間などがわかります。まずはご相談くださいね。

まずはクリーニングしてみましょう

ステイン

ホワイトニングを検討する前に、まずは歯のクリーニング(基本的に健康保険適用OK)をしてみましょう。
毎日歯を磨いていても、歯石(歯みがきでは除去できない沈着物)は付着しています。
また、歯の表面は、コーヒー、紅茶、お茶、ワインなどのステインを含む食品で汚れてしまうものです。
タバコを吸われる方はニコチンも汚れの原因になります。これらを取り除くだけでも歯は白くなります。 歯石・着色汚れを取るクリーニングは虫歯の予防にも有効です。定期的に受けることをおすすめします。

もっと白い歯にしたいなぁ…という方には ホワイトニング(自費診療) ホワイトニングとは、歯の表面に薬剤を塗布し、歯の色を白くすることです。 当クリニックでは「オフィス・ホワイトニング」と「ホーム・ホワイトニング」の2種類がありますが、それぞれ利点と欠点があるため、受ける方の歯の状態によってどちらかになります。
なお、「ホーム・ホワイトニング」のみでは効果が薄いため、初めてホワイトニングをされる方は「オフィス・ホワイトニング」のみ、もしくは「オフィス・ホワイトニング+ホーム・ホワイトニング」から始めていただきます。

※妊娠中・授乳中の方、18歳未満の方など施術ができない方もいらっしゃいます。詳しくはご相談ください。

オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング

利点

効果が短時間で実感しやすい
知覚過敏が起こりにくい
患者さんご自身で処置をしなくていい

欠点

1回ごとに来院しなければならない
薬の濃度が高いため、前歯など見える部分のみの施術
施術後24時間は色の濃い食品は食べれない・口紅を塗れないなどの制限がある

利点

白さを長く保ちやすい
来院回数が少なくてすむ
前歯だけではなく奥歯など全体を施術できる

欠点

効果が現れるのに時間がかかる
知覚過敏が起きやすい
患者さんご自身で装置を装着しなければならない

料金

ホワイトニング施術例

施術例1

オフィス・ホワイトニングをクリニックにて週1回、計3回実施

施術例2

ホーム・ホワイトニングを自宅にて2ヶ月間毎日実施

施術例3

ホーム・ホワイトニング後、変色してしまった前歯に被せものをする処置

※施術例は審美担当の宮尾統子先生によるものです。

よくある質問

Q1

ホワイトニングで歯は傷つきませんか?

A1

大丈夫です。ホワイトニングの薬剤は消毒薬の一種ですので心配いりません。
ホワイトニングの薬剤は、昔歯肉炎を消毒する際に使用していた消毒薬の一種なのです。歯肉炎の治療中に、歯も白くなることが偶然発見されたのだそうです。

Q2

ホワイトニングした歯はずっと白いままですか?また、どのくらいの頻度でメンテナンスが必要ですか?

A2

色が戻るには個人差がありますので、はじめてホワイトニングをされた方はまず三ヶ月後に来院してください。
消毒液を用いての脱色ですので、徐々に色は戻ります。元の歯の色や食生活などにより、白さを保てる期間はさまざまです。はじめてのホワイトニングの方は施術終了後、三ヶ月したらまたご来院ください。

Q3

ホワイトニングを受ける際に、何か注意した方がいいことはありますか?

A3

初めての来院で当日の「オフィス・ホワイトニング」の施術はおすすめしていません。
「オフィス・ホワイトニング」は短時間で白くなるため、施術後24時間は歯に色がとても付きやすくなります。色の濃い食品は摂取できません。また、口紅や色の付いたリップグロスなどの歯に触れるメイクもできません。ですのでまずご来院いただき、施術方法などをご相談の上の施術をお願いしております。
なお、「ホーム・ホワイトニング」は白くなるまでに時間がかかる分、食事やメイクの制限はありません。

その他

閉じる